ことわざ・虎穴に入らずんば虎子を得ず

得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば 得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば

虎=「とら」と読み、ネコ科の動物。 蒲類海で交戦し、多くの敵を斬り凱旋した。 例文1. 命を知る者は巖牆の下に立たず、危ないとわかっているなら始めからやらないほうがいいよ。

12
では、なぜ「虎の子」は、「大切なものを表すたとえ」として使われているのでしょうか。 何かを成し遂げるためには慎重にすべきだという心構えを伝えることわざばかりです。

虎穴に入らずんば虎子を得ず

得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば 得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば

虎はとても危険な動物ですが、母親は母性愛が強く、子供をとても大切にして可愛がります。 【読み方】 こけつにいらずんばこじをえず 【意味】 虎の子を捕らえるには虎のいる洞穴に入らなければならないように、危険を冒さなければ大きな利益や成功は得られないということ。 いや、虎穴に入らずんば虎子を得ずのごとく、難しいこともいろいろがあるが最後まで頑張ってみよう」• 「火を見たら軍鼓を鳴らし、大声をあげよ」 そのほかは武器を手に、宿営地の両側に潜んだ。

否定語nothingによって、ventureとhaveを否定している点がポイントです。

虎穴に入らずんば虎子を得ず>猫のことわざ・故事成語・等

得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば 得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば

41歳になっていた班超は、匈奴との戦いで西域に武名を轟かせました。 そこで皇帝は班超を蘭台令史に任命した。

6
簡単=「かんたん」と読み、やさしいこと。 まずはやってみる、それが成功への第一歩さ。

虎穴に入らずんば虎子を得ずとは

得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば 得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば

(何の冒険もしなければ何も得られない) The more denger the more honour. 虎穴に入らずんば、虎子を得ず。 どのことわざも苦境にあった時に後押しをしてくれることわざばかりです。 鄯善王は翌日班超から匈奴の使者の首級を見せられると、班超の思ったとおり漢に帰順することになりました。

例文5. 虎穴に入らずんば虎子を得ずというだろう、慎重さは大事だが、挑戦することも重要だ。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということわざの由来をわかりやすく紹介します

得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば 得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば

そして時に、「男と生まれたからには、『傅介子(ふうかいし)』( 漢の昭帝の時、西域鎮圧に功を立てた人物)や『張騫(ちょうけん)』( 漢の武帝の時、匈奴の勢力を駆逐して西域諸国を服属させた人物)のように、西域で手柄を立てたいものですね。 なかなか勇壮活発な生まれつきで、およそ系統だった学問とは縁がなさそうに思われるのに、いざとなると意外に弁舌が立つし、書物もたくさん読んでいました。 匈奴の使者の首を示すと、国中が驚き恐れた。

ここで、「新たに匈奴の使者が到着して、王が彼らに誼(よしみ)を通じている」という事実を告げて、「それからの我々に対する冷遇は諸君承知の通り。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということわざの由来をわかりやすく紹介します

得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば 得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば

虎にとって、子は手放したくない大切なものなのです。

5
使者を滅ぼせば鄯善が恐れて、我々が功績を挙げられるだろう」 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の英語表現 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の意味を伝える英語表現はいくつかあり、英語圏でも「危険を冒さなくては成功はできない」という考え方はあるようです。 そうすれば、彼らは必ず大いに懼れ慌てるだろう」と。

「ずんば」とは?意味や使い方をご紹介

得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば 得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば

日本には、「おまる」という携帯用の便器があります。 ハイリスク・ノーリターンならこの世にたくさんあるが ノーリスク・ハイリターンはまずあり得ないのに。

17
例文1. 思いがけず、人気雑誌で自社の商品が特集された。 ずんば=「ずば」の強調語。

虎穴に入らずんば、虎子を得ず(こけつにいらずんば、こしをえず)

得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば 得 ずん 子 意味 虎 ず 虎穴 入ら に を ば

西域 さいいき(現在の新疆ウイグル自治区あたり)から北匈奴やクシャーナ朝を攻めて後漢の勢力を広げ、西域都護(西域を統括する役職)として長く西域を守った。 「虎穴に入らずんば虎子を得ずと言うし、危険を承知でやってみようか」• 『虎穴に入らずんば虎子を得ず』の由来 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の由来は、中国の歴史書である『後漢書』の班超伝の一節といわれています。 虎の子を得るためには、虎の住むほら穴に危険を冒して入らなければならないことから、危険を冒さなければ、大きな成功や功名は得られないということです。

班超は彼の気持ちを察し、手を差し伸べて言った。 まずリスクがあって、それからリターンがあるのだ。