【神戸山口組】組長ヒットマン!中田浩司山健組組長を殺人未遂で逮捕【弘道会神戸事務所襲撃】

組長 中田 浩司 組長 中田 浩司

中田清秀徐裕行が所属していた羽根組は、山口組と深い関係にある暴力団である。 (2019年1月27日公開) これらの経歴の中で「直参」(じきさん)という聞き慣れない言葉が存在しています。

18
設立からまる5年、当初とは大きく様変わりした同組の今後に注目が集まる。 本当なら何かワケのある、個人的な復讐でしょう。

【神戸山口組】組長ヒットマン!中田浩司山健組組長を殺人未遂で逮捕【弘道会神戸事務所襲撃】

組長 中田 浩司 組長 中田 浩司

2017年(平成29年)5月9日、四代目山健組若頭に就任。 差し当たって山健組の中で、井上4代目vs中田5代目という対立構造が生まれ、挙げ句に真っ二つに割れ、それが神戸山口組の自壊・瓦解に繋がっていたわけだが、その新生5代目山健組の中田組長側から、8月24日付で以下のような処分内容が伝わってきたという。 神戸市中央区で8月、 指定暴力団・山口組(神戸市灘区)の最大勢力「弘道会」(名古屋市)系組員が襲撃された事件で、 兵庫県警葺合署捜査本部は3日夜、 対立する指定暴力団・神戸山口組(神戸市中央区)の中核団体 「山健組」の組長、 中田浩司容疑者(60)を逮捕した。

17
もちろん、フィクションと現実とでは、いろいろと違いはあるにせよ、組長みずからという報道には驚かされました。 その渡辺が山口組五代目の時期に、若頭補佐の役職を務めています。

五代目山健組直系組長が下した「ある決断」…対峙する二人の親分への義理と配慮とは?

組長 中田 浩司 組長 中田 浩司

このことは、六代目山口組分裂騒動にどんな影響を及ぼしていくのだろうか。

6
「8月に神戸市内で起きた 弘道会傘下組員に対する銃撃事件で、中田浩司組長(神戸山口組五代目山健組組長)に逮捕状が出されたようだ」という情報が錯綜したのだ。 中田 浩司(なかた ひろじ 〈34年〉 - )は、の。

神戸山口組「井上組長」が下した「山健・中田組長」への処分にみた「愛」|ニフティニュース

組長 中田 浩司 組長 中田 浩司

「中田組長は、ここまで完全黙秘を貫いていますが、当局幹部らは早い段階で、中田組長の公判を維持できると踏んでいたと見られています。 個人的には信じられない。

これが中田容疑者だった 『FRIDAY』2019年12月27日号より• だが、誰しもがそれを鵜呑みにできない理由があった。 最盛期の山健組は6000人規模の勢力を誇り、山口組内だけでなく暴力団業界ではブランド的存在だった。

代替わりの直後 全盛期の22分の1になった山健組の名簿流出|日刊ゲンダイDIGITAL

組長 中田 浩司 組長 中田 浩司

だが、池田組長の出所は任侠山口組にとって、今後、組織が一枚岩になって行動していくには大きな朗報といえるだろう」(業界関係者) ついに六代目山口組と神戸山口組は、特定抗争指定暴力団の対象になることが決まった。 中田組長は健竜会、山健組と、井上組長の後を追うようにして出世してきたわけです。 しかも、あの山健組の組長というから二度驚きです。

現役の猫組長に対して、組の名前を出した芸人がいると沖田臥竜氏は言っています。

代替わりの直後 全盛期の22分の1になった山健組の名簿流出|日刊ゲンダイDIGITAL

組長 中田 浩司 組長 中田 浩司

山健組の当代は、2018年5月に井上邦雄組長から継承した5代目の中田浩司組長。 全国の六代目山口組直系組織でも弘道会と渉外事、トラブル等あれば直系組織は弘道会を立てる位、弘道会は山口組内で実力共に山口組最大組織になった。

10
捜査関係者によると、県警は事件の2日後、犯行に用いた可能性のある黒いバイクを現場の約600メートル南で押収した。 5代目山口組の宅見勝若頭をハジいた中野会が大阪府警に解散届を出すまで8年。

神戸山口組の分裂・対立続く…処分通達でも山健・中田組長に先手を取られて

組長 中田 浩司 組長 中田 浩司

確認を急いでいるが、この時、5人の組長らが席を立ち、会合を後にしたようだ。 実行犯が逮捕されていない段階で、先に中田組長が逮捕されることはないと考えられていたからだ。

19
一説に勾留中、拙著の『』を読み、「本が出たばかりのころ、この本はウソばかりだ、読むな」という通達が井上組長から出たが、最近、読んだところ、井上組長の実際の姿はこの本に書かれている通りだ。

【神戸山口組】組長ヒットマン!中田浩司山健組組長を殺人未遂で逮捕【弘道会神戸事務所襲撃】

組長 中田 浩司 組長 中田 浩司

そうした中で神戸山口組若頭補佐を務める二代目黒誠会(大阪 剣政和組長)、正木組(福井県 正木年男組長)は引退、また同じく神戸山口組の最高顧問であった池田組(岡山県 池田孝志(金孝志)組長) も離脱、池田組も山口組の看板を外し独立組織にそれに続いて三代目熊本組(岡山 藤原健治組長)も離脱し同じ岡山県の池田組と統合する噂もある。 分裂問題のあらかたは中田組長の弘道会パイプ、逆にいえば中野若頭の山健組パイプで解決できるかもしれない。 昭和52年頃、 初代・山健組傘下組織で渡世入りした。

14
前出の指定暴力団のベテラン幹部は、「会津小鉄会ほどではなく、比較的小さな組織でも同様に内部が分裂状態となり、2つの組織がそれぞれ同じ看板を掲げているところがいくつかある」と指摘する。 その後、六代目サイドから、四代目体制であった井上邦雄(神戸山口組)組長率いる山健組へと移籍し、さらにその後、組織名称を小林会から三代目臥龍会へと変更させている。