絵巻物『蒙古襲来絵詞』が伝える蒙古襲来の生々しい実態・・・【情熱的読書人間のないしょ話(1053)】 « 榎戸誠の情熱的読書のすすめ

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

文永の役における神風 [ ] 伝・蒙古弓と蒙古矢 所蔵 元軍は戦況を優位に進めた後、陸を捨てて船に引き揚げて一夜を明かそうとしたその夜に暴風雨を受けて日本側が勝利したという言説が教科書等に記載されている。

20
「寇」 「寇」とは、「外敵」という意味で、「 寇 ( あだ )す」つまり「侵略する」を名詞に表した文字である。 の御家人・や天草城主・兄弟は元軍船に攻めかかり、よく奮戦したものの、この所に至って形勢は不利となっていた。

蒙古襲来絵詞

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

元軍の総司令官である都元帥・(忽敦)は「蒙古人は戦いに慣れているといえども、高麗軍中軍の働きに比べて何をもって加えることができるだろう」と高麗軍中軍の奮戦に感心した。

12
それを没落した武士である竹崎季長が志願したわけです。

蒙古襲来絵詞

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

「蒙古襲来絵詞」の原本 (現在、宮内庁所蔵)は、近世に熊本藩士大矢野家が所蔵していました。 その「ジパング伝説」をマルコ・ポーロから聞いたフビライが、日本に興味を持ち、侵略に心を動かされたと考えても違和感はなさそうである。 歴史学者のは、この表現が江戸後期に出現した背景としては、でがに敗れたことや日本近海に西洋列強の船舶の来航が頻発したため、当時の日本の知識人の間で、「外夷」に対する「対外意識」高揚があり、過去の蒙古襲来についてもその文脈で見るようになったと指摘している。

2
弘安8年 1285 、泰盛は平頼綱 (たいらの・よりつな)に滅ぼされている(「霜月騒動」)。

蒙古襲来絵詞はなぜ描かれたんですか?

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

元寇とは 元寇は、ほとんどの人が分かっていると思うので簡単に解説します。

16
さらに『』によると、11月24日に聞いた情報として「蒙古の船破れて浦々に打ち挙がる」とし、座礁した船数は、確認できたものだけで、1艘、130艘、2艘、2艘、2艘、カラチシマ3艘、アクノ郡7艘であった。 『ワクワク』とは、倭国がなまったとする説が有力である。

よく利用される国立国会図書館所蔵資料のデジタル画像素材集 元寇

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

倭兵10万と遇い、これを戦い敗った」 とのみ記載し、劉復亨が戦闘で負傷し戦線を離脱していたことには触れていない。 この加筆によって、「絵巻」の主張したい「季長の活躍」は減退したように 見える一方で、この時代は手傷を負う事も武勲に関わったので、解釈でき ないわけではありません。

13
北条氏得宗過所船旗 (文永9年)に執権・が航行の自由を保証する時に交付した過所旗。

元寇

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

蒙古・漢軍 30,000• 百道原・姪浜の戦い 鳥飼潟の戦いで敗れた元軍を追って、日本軍は百道原まで追撃をかけた。 季長絵詞には漫画的なところが随所にある」。 楽翁本とは、寛政年間 1789~1800 に松平定信が写させたものですから、九大本はかなり早い時期の模本といえます。

そこには、平和な世の中に身を置かれる者に想像だに及ばない世界があった。

元寇

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

1274年(文永11)と81年(弘安4)の両度の元寇 げんこう 、いわゆる文永 ぶんえい ・弘安 こうあん の役で活躍した肥後国の御家人 ごけにん 、竹崎季長 すえなが の戦功を中心に描く。

20
もし、弱気な態度を見せれば、日本は高麗と同じ運命を辿る可能性もあったのだ。

竹崎季長と蒙古襲来絵詞への想い

襲来 絵巻 蒙古 襲来 絵巻 蒙古

大蒙古国皇帝奉書 [ ] 大蒙古国皇帝奉書の内容は、次の通りであった。

7
兵の間には厭戦気分が漂い、士気も低下していた。